釣行レポート

 

2009年5月19日

新潟県 南魚沼市 魚野川水系

天候 晴れ 風35m

気温 23度(13時)

水温 10度(13時)

 

渓流のベストシーズン間近ということで、支流を見てきました。

(霊によって、川の名前、ポイントは伏せさせていただきます)

朝はうちでいい子?になって仕込みや営繕作業をして過しました。

日が高くなってきたので某支流の川へ・・・

下流部の有望ポイントに入るも反応なく。しかも濁りが入っている。

少し上流の工事現場から濁りが入っているようなので、

さらに上流の橋から川を見て少し下がったPから入渓。

工事現場の上から入り、堰堤下プールを探ってまずは一匹目。

24くらいのイワナ。仮締切の反転流が気になったので流すと、

ドラッグの掛かったフライにデカイのが浮いてきたがくわえず。

反転流の別のところでライズ。これは取ったが、「お前じゃない」サイズ。

少し下がった対岸の「いかにも大物が着きそうなポイント」で、

お約束通り一発でデカイのが出たが痛恨の合わせ切れ。

ティペットをチェックしたらウインドノットが3つもあったよ。(風が強いせいか?)

ティペットを取り替えて、去年の終盤何回もイイ思いをしたポイントへ。

ティペットをチェックして距離を合わせ、一投、一発で出たよ。

パワフルなファイトを楽しんで取り込むと29くらいのイワナ。

写真を撮ってリリース後、1メートル右のスジにキャスト。

水面がモコッとなってまたイワナ。今度は32センチくらいか。

同じポイントで入れ食い状態♪

その後も近くのスジでバンバン出る。

なんか、今年の運を使い切ったんじゃ??ってくらいのノリでした。
その後、下流のポイントをやろうと上から見たら、

なんとか渡渉できそうな気がしたので降りてみるが、どうにも渡れるわけがない水量。

仕方なく堰堤脇の反転流にフライを漂わすと尺近いイワナを二匹追加。

さらに一段下で渡渉しながら二匹追加。

魚道を飛び越える時に勢い余って右足カカトがズリッとな。

魚道のコンクリに左ひざをしこたま打ちつけ、おまけにウエーダーが裂けてしまった。

仕方なく先程渡渉できなかったポイントをやって20くらいのイワナを二匹追加し、

戻りは腿までの激流渡り。左足はずぶ濡れとなりました。はぁ・・・

 

昼前から5時くらいまでで20匹以上ってとこですか。

まだ水量が多い気もしますが、すでにシーズン本格化?

南魚沼は釣れる時はこんなもんですかね・・・

 

使用タックル

ロッド CFF ライトスタッフ 810“ #3

リール ??社ラージアーバー#23

ライン バリバスプレゼンテーション#3

リーダー フジノライン スーパーフロート 6X12ft

ティペット フジノライン スーパーフロート 6X