釣行レポート

 

20087月15

新潟県 南魚沼市 魚野川水系支流

天候 晴れ 夕方風強い

気温 28度(16時)

水温 14度(16時)

 

朝早くから出撃も、最初に入った川は沈黙・・・

昨日誰かがいじめすぎたのかな?

転進した次の川のダム下は、それでも8寸9寸のイワナが出てくれたが、

まだ小さい??しかも、なにやら放流モノくさい?感じのも。
クリックすると元のサイズで表示します
いろいろ雑用をやっつけて夕方はお犬様連れで、まずは源流部。
数は出るが、型は20センチ止まり・・・
ずぶ濡れの犬を車中に置いておけないので、うちに戻っておいてきて、今度は中流部。

 

ちょっと下流の橋から釣り上がり。
しかし、いきなりチビヤマメの猛攻。

どうやら橋の上からチューブで放流したばかりのようで、真っ黒になってかたまっている所も・・・
まだ水量が多いので、岸をヘズり、柳につかまって、やっとのことで遡行。

本日の核心ポイントは十字ブロックが真ん中に鎮座するあたり。

手前のポイントは反応なかったが、葛のぶら下がったポイントにライズ発見。

ティペットをチェックしてフライをヘアウイングダンに替え・・・

一発で出たのはなき尺砲弾ヤマメ。
クリックすると元のサイズで表示します
写真を撮っていると、ストロボが光っているのに、もう次のが同じポイントでライズ。
よしよし、とフライを乾かし、投げるとすぐにフライが消え・・・

おおおぉ・・なファイト。流木の下に潜られたりしたが、なんとか手繰り寄せて・・・
クリックすると元のサイズで表示します
このサイズなのにハンドランディング!35センチ弱のイワナでした。

10とはいえバーブレスでもバレなかったよ・・・

まだ明るさはあったが、どうやって川から上がるか!というのが残っているので、泣く泣く納竿。
恐怖のヤブ漕ぎも、野生の勘!で昔の上り口を突き止め(自分でもビックリ)

ジャングルと化した斜面を登って駐車場へ。車に着いたら真っ暗。もうヘロヘロでした。

 

使用タックル

ロッド FAIS I‘s3  83“ #3

リール FAIS 98モデル

ライン ULTRA4 DT#3(半分カット)

リーダー フジノライン プロ スーパーフロート 5X12ft

ティペット フジノライン プロ スーパーフロート  5X 6ft