釣行レポート

 

2006年4月25日

群馬県 上野村 神流川水系

天候 曇り時々晴れ 風強い

気温 9度(10時)14度(13時)

水温 10度(12時)

 

いろいろヤボ用ばかり多くて、

なかなか釣りに出掛けていられませんでした。

連休目前となったのでなんとか時間をやりくりして、

群馬県上野村神流川に出撃してきました。

 

下流側のC&Rエリアから入ってみました。プールのヒラキでライズ発見。

強風のためなかなかレーンに乗りません。やっと食わせたら走るわ飛ぶわで

もしやと思いながら寄せてみれば、やっぱり尺ニジ君でした。

 

プールの上流側に目を移すと、あちこちでライズリングが広がっています。

コカゲロウがハラハラと水面を滑っていきます。

流れ込みの瀬の中ではかなりの良型もライズしています。

出てくれたのはこんなサイズでしたが、十数匹キャッチ。

下流のプールも気になったので探ってみたが、あまり芳しくない。

後で聞いたところによると、カワウがやって来て、ヴィラ裏のあたりは

一時的には全滅状態になったのだそう。

そうこうしているうちに、風がやたらと強くなり、首筋に冷たいものが・・・

見る間に雨足が強くなり土砂降りに・・・車に退散です。

で、そのままお昼ご飯。今日は某そば屋で上天丼セットです。

まあまあの味(群馬県にしては薄め)と量でしたが、天ぷらは揚げ置き?

気を取り直して午後の部スタート。相変わらず風が強いが、雨は止んでくれた。

役場上流のプールと瀬で遊ぼうという魂胆でしたが、どこも先行者が・・・

仕方なく、開いているところでやらせてもらいます。と、ライズ発見。

泣き尺。こんなのが浅瀬でボコボコライズしているのだからたまらない。

上流側C&R区間の最上流部近くまでやってみましたが、

先行者の影響か、あまり芳しくない。戻りに上の道路から

のぞいて見たら、尺ヤマメが並んで泳いでいましたが、

ライズしているのはチビばかりでした。

 

役場の近くに戻ると、「うじゃうじゃプール」に陣取っていたFFMが

場所を譲ってくれたので入れてもらう。さんざん叩かれた後なので

さすがに渋い。時折ライズもあるが、どう見ても小さい。ニンフに変えて

やってみるが、あまり反応は良くない上に強風のためにトラブル続出。

ティペットを結び換えていると、少し下流で良いライズ。やる気が出てきた。

16番のガガパラを結んでキャスト。すんなり食ってくれたよ、おい。

ものすごいファイトでネットに収まったのはグッドなヤマメ。

今日イチのヤマメで締めくくれました。

 

使用タックル

ロッド I’s3 8‘3“

リール FAIS 98

ライン ヤマメライン(半分DT3

リーダー フジノライン スーパーフロート 6X12ft

ティペット フジノライン スーパーフロート 6〜7X