釣行レポート

 

2005年3月1

群馬県神流川 上野村地区

天候 曇り時々晴れ 下流からの風弱い

気温 朝0度 昼6度 夕方4

水温 役場上流 4度(11時)

 

今日は解禁日でしたので、どこにするか迷いましたが、神流川に出かけてきました。

どこも混雑が予想されましたが、C&Rのところは、

下流のエサマンごった返す地域とは少し様子が違ってましたね。

朝の冷え込みのせいか、岸辺には氷が張っている所がまだたくさんありました。

ハッチはユスリカメインで、時々カワゲラ(岸辺には結構な数がいましたが)

フラットな水面にいくつものライズリングが広がっているところなど、

さすがに解禁日です。(上写真)

最初の一匹は「ボ」回避のために静めて取りましたが、

その後はドライの釣りに徹して(まだスレていないのと、魚が散っていないために同じポイントで連続ヒットが多い)

約30匹ほどのヤマメをキャッチできました。

フライ #18ストーンフライ、#2024ユスリカアダルト、ピューパ

 

使用タックル

ロッド I’s3 8‘3“

リール FAIS 98

ライン ヤマメライン(半分DT3

リーダー フジノライン スーパーフロート 6X12ft

ティペット フジノライン スーパーフロート 6X〜9X