釣行レポート

 

2004年5月25

塩沢町の川 

天候 曇りのち晴れ 上流からの弱い風

気温 朝14度 昼22度 夕方16

水温 8(10) 12(15)

 

諸般の事情により、なかなか釣りにいけない日々が続いておりましたが、

どうにも我慢できなくなってまたまた行ってきてしまいました。

しょっぱなから、最近、なにかと話題の川です。

釣行に来たいろんな方におすすめしている手前、自分でやってみないのも無責任ですから、

とかいいながら、先週よかったので、またまた様子見にやってきたって訳です。

しか〜し、前夜の雨の影響か、水温なんと8度!ハッチもライズもなく、

反応するのはこのサイズのみ。

仕事のため一時戻り、午後の部はSムダ上流でストリーマー!の予定でしたが、

先行者あり。十字峡まで行って支度をしていると、初めて聞く?警報音???

「東北電力です。今から川の水位が上昇しますからすぐに川から上がってください」ですとさ。

ぶち切れそうになりながら様子を見ていましたが(10分くらい)何も変化はありませんでした。

が、物騒なので、下流に移動。ダム下流はもの凄い流れになっていました。

さっきのアナウンスはこちら用?で、仕方なく?またまた懲りずにリサーチです。

 

先週いじめたと言うより今朝やったばかりの区間に入る前に

今年初めての少し下流部を一丁様子見。まだ水量多めですが、なんとか渡渉できそうです。

時折モンカゲロウがハッチしています。水温を計ると12度。ライズはないみたいです。

左岸側から探っていきますが、反応なし。少し立ちこんで、流れ出しの石にもたれて

キャスト。激流のヒラキでまず一匹。綺麗なヤマメ。フライは12番のパラダン。

右岸側に移動してフライはSaguri66612

こんなもん食ってます。

またピンボケ。モンカゲロウ3匹ほど入ってます。

この後、先週やった区間に懲りもせず入渓。

下流ではモンカゲロウでしたが、こちらではオオマダラやヒラタがハッチしていました。

堰堤すぐ下のカガミばかり見ていたら視界の隅で水飛沫。

なんと竿の下でライズ。12番のパラダンを浮かべると一発で出ました。

が、引くこと引くこと。足元にいたのでチビ岩魚と思っていたのが、

取り込んでびっくり!の27センチ。口もヒレもとがって綺麗なヤマメでした。

メインの流れは今日は強すぎて話にならないので、狙いは堰堤下と脇の流れになります。

こんな流れでもハッチもライズもあってなかなか楽しめました。

渓魚が溜まっているところではほぼ同じポイントで5匹も。

塩沢町で水防訓練があって、召集を受けているので、5時前にあがりです。

本日のレギュラーサイズを数匹追加して納竿しましたが、オイシイシーズンまたまたいただき!

みたいな感じになって、先週雨風に祟られた皆様に申し訳ない気分です。

 

今回も、フジノラインの製品のお世話になりました。

是非一度お試しください。

フジノライン製品の通販はこちら

使用タックル

ロッド FAIS I’s3 83“#3

リール RST#1

ライン ウルトラ3 ヤマメラインDT3(半分カット)

リーダー フジノ スーパーフロート 5X12ft

ティペット フジノ スーパーフロート 6X