釣行レポート

 

2004年3月30日

群馬県神流川 

天候 晴れのち曇り 下流からの風(午後から時々強い)

気温 朝8度 昼16度 夕方9

水温 役場前地区 11度()

 

月末なのに行ってきてしまいました。

コカゲロウの時期を迎えて、渡良瀬川も面白そうでしたが、

アブレのないであろう神流川が気になって出掛けてきました。

着いて券を買う前から広がるライズリングにいやがおうにも期待が高まります。

まずは下流のC&R区間から

  

浅い流れでユスリカにライズしていたヤマメはさすがにシビアでしたが・・

  

  

水面の泡でフライが見えなくなるのと、本物がハッチしはじめたため

コカゲロウに替えたらこれがまた正解。

(フライはヘアウイングダン#16タン色)

昼飯後(某ドライブインの猪豚焼が冷凍焼けしていてガッカリ。)

風が強くなってきたので上流に移動。役場上流は風もなく

役場プールは例によってFFMで賑わっています。

  

下流の方はアベレージ89寸という豪勢な状況でしたが

上流の流れのある区間では少し型が小さいかな?と思ったら最初の一匹だけ。

あとはすべて25センチアップという凄さです。

  

9寸ヤマメをとった後、上流の肩のところでイイライズを発見。

ポジションを変えて投げると一発!でしたが、なんとロッドティップ

が抜けるというハプニング。衝撃でアワセ切れしてしまいましたが、

40センチくらいあった。岩魚??ニジ?この釣行ただ一度のアワセ切れ

をこんな大事な場面でやってしまうとは・・・やっぱり修行不足?

 

移動できる範囲のヤル気のある渓魚をほぼやっつけたので、また下流に戻り、

数匹釣ったところで雨が強くなってきたので納竿しました。

 

今回の釣行のテーマ「8Xで釣り上がりできる」を実証してみるつもりでしたが

(厚木のプロショップBlue Dunさんのフジノライン製品紹介に出ていました)

昔は8Xでもかなりハレモノ扱いでしたが、全く問題なく使えます。

シブい渓魚に10Xを使った後などはさすがに気を使いますが、

Xであれば普通に扱って問題ありません。10X以下はマッチング・ザ・ハッチで

ここ一番のときに使えば尺くらいなら楽勝で取れますが、釣り上がりとなると

少し気を使わないとライントラブルで泣きをみるかも。

いままで7Xを結んでいたフライに安心して8Xを使えますから

今回のような結構スレている釣り場ではかなり有利に釣りができますよ。

フジノライン製品の通販はこちら

使用タックル

ロッド FAIS RS8401-4 84“#1

リール RSTコヒノール0

ライン ウルトラ3 ヤマメラインDT1

リーダー フジノ スーパーフロート 7X12ft

ティペット フジノ スーパーフロート 8X10X