釣行レポート

 

2003年5月20日

六日町魚野川本流、大和町水無川、塩沢町登川

天候 曇り時々大雨 下流からの風

気温 朝20度 昼24度 夕方18

水温 A9度(8時)B川9度(11時)C10度(15時)

 雨が降ったり時刻にばらつきがあるので、参考程度に・・・

 

前日の予報とはうらはら、おだやかな朝です。

のんびりと出かけようとしていたら「おミケ」さんからイタ電が来て

すっかり目がさめた。のろのろとA川に向かうが、

実績のある某ポイントには先行者も無く、しめしめと思いながら

支度をしていると、背後で「ズズン」という腹に響く音が・・・

そちらを向くと、今度は視界の外に稲光が走った。「やべーな」と思ったが、

川は「おいでおいで」しているし、土曜日にいい情報をもらっているので、

ココはやらない手はないとばかりに川に入った。

川が(河川敷も)広いので、13フィートもあるツーハンドはカーボン製の

避雷針のようなものなので、怖いからサイドで投げて(ほんの気休めですが)

出るならココでしょうというポイントにさしかかって流しきって

ゆっくりとリトリブをしていると、「ググッ」ときた。

尺は軽くあるヤマメだと思い(見えた)、左手のラインを巻き取ろうとした瞬間に

バレてしまった。あ〜あ。その後、何回かアタリはあったものの乗らず終い。

大粒の雨が落ちてきたので一時退散です。

 

B川をのぞくと、まずまずの水量。川に降りやすくなっていてちょっとびっくり。

便利はいいけど、また無駄工事のきっかけにされそうな気がするなぁ。

ここにも雨雲と雷が追いついてきたので、また退散です。

今日はこのまま戻ってタイイングか・・・ベンチにでも行こうかな?

と思って浦佐まで出ると雨があがってきた。ラジオによると六日町はもう日が差しているそうな。

これで欲が出てきた。朝のポイントに戻ると先客がいたので対岸上流に入り、中州に渡って

釣りはじめたが、なんか対岸の水色が濁ってきたような・・・

足元の水位も心もち上がってきたような気がする。

どうもヤバそうなので、10回も流さずにまたまた退散です。

中州に取り残されたひには洒落んなんねえですからね。

川から上がるともう真っ黒に濁ってすごいことになってます。

先程の雨が影響したのかな。私のこういう危機判断はけっこう当たりますね。

 

本流は話にならないので、またB川に戻ります。場荒れしていそうだけど、先程の階段回りを

やってみる。が、やっぱりダメ。少し下流のヒラキのところでゆっくり岩魚が出てくわえてくれたが、

なんとあわせ切れ!ティペット結ぶときにちょっと結び方が怪しいかな??と思っていたが、

「まいっか」でそのままにしていたところが切れてしまった。反省!

あまりにも反応が良くないので上流に移動。ここではまあまあ岩魚を4匹ほど。

フライは選ばないみたいですから、現地で出ているような虫に合わせれば

なんとかなります。パラダン1216色はタン、クリームあたりで十分遊べます。

さらに上流を目指せるほど水量が落ちてはいないし、水色に濁りが入ってきたような気もするので、

こんどはC川へ移動です。途中でD川を横目で見て濁りが入っていないことを確認します。

C川がダメだったときの保険ですね。E川の面白そうなポイントが目に入りますが、今日はやめときます。

あ、「スピード取締り」たまにやってますから御注意ください。ゆっくり移動しましょうね。

 

C川まずは中流部ちょい上です。朝の雨のためか、先週より水は多めです。

この前取れなかった尺岩魚は今日もいましたが、またまた取れなかった。

気温、水温ともに下がって、しかも増水したためか、ハッチもライズもない。

付いていそうな筋を流すとスローモーションとは言えないまでもわりと

ゆっくり出てきてパクリとやってくれた。そんな調子で4匹ほどの岩魚をゲット。

雨がバラバラと降ってきたので、追われるように中流部へ退散。

ホントはやめて帰ろうかと思ったのだが、下の村のあたりまで下りたら雨が止んだので

また色気が出てきた。発電所の水が戻ってきているので水量多めですが、

こんな水量だとココしかないってトコには必ず付いています。

かえってポイントを絞りやすくなると思えば気が楽です。流れ込みの脇のここしか渓魚が餌をとる場所が無い

というところで結構グッドな岩魚。

ずっと下流では手前の強い流れを挟んだ向こう側でビッグなヤマメをゲット。

とおもったらニジ君でした。

このポイントでは1012番くらいのカゲロウが盛んにハッチしていて、上空では

スピナーの大乱舞。定位したようなライズこそなかったが渓魚も少し上を向き始めている

という実感が持てました。

ピンボケですみません

 

 

使用タックル

ロッド I’s3 8‘3“

リール RSTコヒノール#1

ライン ヤマメライン(半分DT3

リーダー フジノライン スーパーフロート 6X12ft

ティペット フジノライン スーパーフロート 6X5X