釣行レポート

 

2003年3月4日

群馬県神流川 キャッチアンドリリース区間

天候 晴れ時々曇り 下流からの風強い(すごい)

気温 朝−5度 昼0度 夕方0

水温 役場前上流 2度(11時)

         2度(13時)

昼飯上がりのころ、どこかのロケ隊が来ていました。

朝から雪でした。

早めに出発しようということで、朝7時過ぎに出発。

この時期になって2月の分を取り返すかのごとく降りまくっていまして、

関越トンネルを抜けるまでに一時間以上かかってしまい、

現地に着いた時には10時半をまわっていました。

新潟は雪模様でしたが、さすがに群馬はぽかぽか陽気の晴れと思ったら、

竹林が髪振り乱して踊るようなもの凄い風です。

それでも、あの山奥(失礼)まで入れば風裏があるのでは・・・

と考えたわけですし、同行シロウト「K」がいますから、

とりあえず渓魚のたくさんいるところでないと・・・ね。

川原に到着すると、下流の役場前のプールには、

既に4人ほどのFFMがライズ待ちしたりキャストを繰り返しています。

支度をしながら観察していましたが、ライズもなさそうなので、

過去に実績のある上流のプールに入ることにします。

他のFFMを牽制しながら(??)同行「K」にキャストや流し方を

レクチャーしますが、そのうちにだんだん風が強くなってきて

道路や川原の砂埃を巻き上げてすごいことになってきました。

仕方なくルースニングで上流の水深のある瀬を狙うと「ツン」という

アタリ。ヒレは少し丸いものの、ワイルド?な面構えのヤマメでした。

神流川の初物は22センチくらいのヤマメでした。フライはフェザントテールニンフ#16

ここいらで、風も強くなってきたし、昼飯にします。役場の前の「大衆食堂」が

閉まっていて残念!中華丼うまかったのにな・・・

下流の方のドライブインで飯を食い、その後は各地を転々と見て回るが、

谷沿いに強風が吹き抜ける最悪のパターン。

役場前下流の瀬でシロウト君にもアタリが・・でも、フッキングしませんでした。

針を見てみると、ポイントが折れている!これじゃぁね。

その後、最初のプールをのぞきに行ったのだが

相変わらずのようなので納竿としました。

それにしても、寒い!

 

使用タックル

ロッド I’s3 8‘3“

リール FAIS 98

ライン ヤマメライン(半分DT3

リーダー フジノ スーパーフロート 6X12ft

ティペット フジノ スーパーフロート 7X