釣行レポート

 

2002年2月26日

長野県千曲川 川上地区、八千穂地区

天候 曇り 下流からの風

気温 朝2度 昼3度 夕方4度

水温 川上地区 8度(11時)

  八千穂地区 7度(14時)

 

朝、7時前に出発するはずが、防寒用のアンダーウェアを捜していて(結局見つからず)家を出たのが7時半。朝めし調達のためコンビニに寄ったりしたためさらに手間どり、川上に着いたのが10時半くらいになってしまった。途中で相木川をのぞいたりもしたが、水が少なく、あまりよさそうではなかったため、とりあえず上流を目指したのだった。

 

川上に入って、ひととおり川を見ながら体育館のところまで上ってみると、菊地ストアが新しくなっていてビックリ!だが、川面にライズは見えない。当月のフライフィッシャー誌に載っていた「おすすめポイント」には3人ほど陣取っていたが、川上ならどこでも岩魚はいるので、あーいった情報に振り回されるのはどうかと思う。

さらに、すこし下ったところで携帯が鳴った。おミケさんから励ましのTELです。2日後にやはり千曲川釣行予定とのことで、(爆ったらしいぞ)状況をお知らせして電話を切った。大きなプールの流れ込みで2人ライズ待ちをしているポイント(と言うよりは駐車スペース優先のポイント選択)の一段下流に入ることにする。50メートルほど離れているし、向こうは動く気はないだろうから、だいじょうぶでしょう。支度を済ませて川に下りると、対岸にルアーマンが来た。ズック履きで軽装なとこを見ると地元の方?のようだ。話を聞いたところによると、上流のライズ待ち氏の上流にものすごく岩魚が溜まっているとのこと。放流したばかりでまだ散っていないみたいだという。

ま、仕方がないので、ハッチの様子を調べたり、水温を計ったり、水面に目を凝らしてライズを探したりするのだが、水温はこの時期にしては高めの8度もある。ハッチの方はユスリカがぽつぽつ出始めた。が、肝心のライズはさっぱりです。性格上待ってばかりいるのはダメなので、流速、物陰、水深、岩魚の好む3条件を満たしていそうなポイントをブラインドで叩き始めた。すると、「パシャ」とあっけなく一匹目。18センチと小振りだが、とりあえず今年の初岩魚ゲット!アンド「ボ」回避です。

人気のない下流の橋の少し上まで移動しながらポイントを叩いてみたが、その後は反応なかったので、午後はずっと下流の八千穂地区まで下ってみることにする。(帰りも楽だし)

大きな石が点在するポイントで、流速こそ遅いものの複雑に入り組んだ流れが「しわ」を作る、通好みの「霊のポイント」です。

駐車場に車を停めると先行者の車が2台。この時期はライズさえあればみなさんあまり移動せずに釣りを楽しめるので、声をかければ入れてくれるのでありがたいです。二人組と下流の橋の間に入らせてもらい、川を見ていると、結構な量のユスリカがハッチしています。そして、時々流れのしわのよるところでライズも見られます。「しめしめ」と思ったのもつかの間、先の二人がさんざんいじめた後だったなんてことは、半年振りに見るライズのせいで頭の中からアンドロメダの彼方までぶっ飛んで行ってしまってたのでありました。飛び回っているユスリカも、昼頃ハッチしたもので、今はただ飛び回っているだけ。たまに起きるライズはスペントあたり食ってるか、またはストーンフライかな?熱くなるとそんなことも考え付かないようになるわけですね。

岩魚の胃内容。参考まで、なんか、貝食ってますね。

そして、もうひとつ。手がかじかんでフライを結ぶ時に一回転足りなかった。せっかくイイサイズのヤマメが出てくれたのに、カルーい手応えだけ残してフライがなくなってしまいました。ここのポイントの嫌な点は、お世辞にも水がきれいではないということです。渡良瀬ほど汚くはないが、ひっきりなしに白い泡が流れて来る。そのために、白いインジケのフライは、サイズが小さいこともあって見失いがちになるのです。特に、シーズン最初の釣行になることが多いためにキャストが定まらなかったりすることもあいまって、白のインジケはNGです。また、こういう時に限って見えるフライを持ってないんだな。これが。

二日前に出掛けたトラウトバムさんによれば、このポイントは沈黙していたそうですから、私なんか相手をしてもらえただけいいほうかな???な〜んてね。ライズも見れたし、6,7匹のヤマメが相手してくれたんだから、よしとしましょう。